お問い合わせ
TEL06-6401-1530FAX06-6401-1531

受付時間 8:30~17:30  平日:月曜日~金曜日

メールはこちら

MENU

会社案内

HOME会社案内

ご挨拶

こんにちは。
株式会社巴製作所3代目社長の豊田裕司です。

当社は1948年に創業し、最初のお客様である、久保田鉄工(現 株式会社クボタ)と大阪瓦斯(現 大阪ガス株式会社)に、鋳鉄管やガスを製造する工場で使用されるボルト・ナットをお手伝いする商売をスタートしました。
やがて、大きな地震に耐えることのできる耐震管の継手部分をお客様と開発することに成功し、本格的にステンレスボルトのメーカーとして、発展してまいりました。その実績と信頼から、水道・ガスの業界のお客様を次々と紹介していただいております。

代表取締役 豊田裕司

さて、医療分野への取り組みが始まったのは、1990年ごろ。棒鋼ではなく、パイプにねじを切れますか?というお客様の要望に何とか応え、液体高速クロマトグラフに使用するカラムの生産が本格的に始まりました。糖尿病や環境汚染などから人類と環境を守るため、日本のみならず、世界で使用されている分析装置には、当社の製品が広く利用されています。

さらに土木・橋梁分野への取り組みが2000年ごろにスタートします。土木分野の製品は物件単位でサイズが異なるため、製品の製作納期が工事に間に合わなかったり価格が高すぎて困るとの声が多く寄せられました。特に橋梁分野は部材ごとに強度計算が必要なため、製作メーカーが少なく、設計に手間がかかります。敢えて私たちはその分野に進出し、納期や単価の面で大きな貢献をすることができ、メーカーとしての認知度を上げてきました。

当社の経営理念の一つである、“堅実経営”とは、「人が豊かな生活を送るうえで必ず必要なものだけを創ろう」というメッセージがあります。この思想の下、今日も水道・ガス・医療・土木・橋梁の分野すべてで新製品を開発中であり、インフラや健康に更なる貢献をしようと考えております。

また、現在日本の製造業は、中小零細企業を中心に大廃業時代を迎え、技術の伝承やあらゆる分野の後継者育成が危機的状況に陥っています。その中で当社は、経営理念として掲げる“価値あるものづくり”と“信頼される人づくり”を行動原理として、「お客さまからの要望にいつでもベストアンサー」でお応えできるよう、社内技術や人材の育成に力を注ぎお客様やお取引先様と一緒に未来を造ってゆきたいと日々邁進しております。

上記の3つの経営理念は地味ではありますが、お客様や当社社員及びその家族、そして取引先など、わが社と関わりのある皆様と安心して過ごしていけるような経営基盤を作るため理念、つまりは経営者としての使命のように考えております。

最後に、こちらの当社のロゴは、今までにないもの、一歩先の技術をどんどん取り入れ、新製品をお客様に提案しようという意味を表しています。これは、当社が製造業でありながら、社員の約半数が技術・営業に携わっていることからも感じていただけると思います。

さあ、わたしたち株式会社巴製作所とご一緒に仕事して、素晴らしい未来を築きませんか?

代表取締役 豊田裕司

巴の経営理念

  • 堅実経営
  • 価値ある
    ものづくり
  • 信頼される
    人づくり

会社情報

創業 昭和23年(1948年)
資本金 6,000万円
代表取締役社長 豊田裕司
社員数 75名
事業内容 特殊ボルト・ナットの設計 製造 販売
特殊継手部品の設計 製造 販売
液体クロマトグラフ用カラムの設計 製造 販売
橋梁用資材の設計・製造・管理技術
事業所 /
本社・尼崎工場
〒660-0806 兵庫県尼崎市金楽寺町2丁目4番24号
電話代表:06(6401)1530
FAX:06(6401)1531
事業所 /
尼崎鶴町工場
〒660-0092 兵庫県尼崎市鶴町7番13号
電話代表:06(6416)1390
FAX:06(6416)1260
事業所 /
尼崎西高洲工場
〒660-0845 兵庫県尼崎市西高洲町16-27
電話代表:06(6416)3051
FAX:06(6416)1580
事業所 /
尼崎西長洲工場
〒660-0805 兵庫県尼崎市西長洲町3-6-36
電話代表:06(6488)1134
FAX:06(6488)7785
事業所 /
大阪事業所
〒552-0001 大阪府大阪市港区波除6丁目3番1号
電話代表:06(6581)7469
FAX:06(6582)7757

沿革

1948年 9月 大阪市西区に豊田得秀が巴製作所を個人創業
1953年 4月 大阪ガス株式会社殿、久保田鉄工株式会社殿と取引開始
1953年 12月 有限会社巴製作所を設立
1967年 4月 社団法人日本水道協会の検査指定工場となる
1973年 4月 本社工場を大阪市港区に移転
1973年 4月 豊田正喜が代表取締役に就任
1979年 7月 有限会社巴製作所を改組、株式会社巴製作所を設立
1984年 7月 液体クロマトグラフィー用カラム事業の改組を始める
1987年 3月 尼崎市鶴町に尼崎工場を建設
1987年 7月 資本金を4,000万円に増資
1994年 7月 大阪市港区に本社工場を新築
1994年 12月 資本金を6000万円に増資
1995年 11月 加古川工場を新築
2000年 4月 ISO9002:1994認証取得
2001年 3月 加古川工場閉鎖、神戸工場へ移転
2003年 2月 本社を尼崎工場へ統合
2003年 5月 ISO9001:2000認証取得
2003年 9月 東京営業所を新設
2005年 10月 豊田裕司が代表取締役に就任
2006年 3月 市川倉庫を開設
2006年 5月 ISO14001:2004認証取得
2006年 5月 橋梁用資材事業の取り組みを始める
2011年 5月 尼崎市西高洲町に尼崎第2工場を開設
2014年 11月 公益社団法人日本水道協会 第1種検査工場登録
2018年 4月 尼崎西長洲町に尼崎第3工場を開設
2018年 5月 ISO 9001・14001:2015認証取得
2019年 5月 波除工場を大阪事業所と改称しカラム事業の拠点として再稼働
2020年 7月 本社を「本社・尼崎工場」に移転、各拠点の名称を変更

各種お問い合わせはこちら

トップページ