株式会社巴製作所
会社概要品質・環境方針お問合せHOME
空きスペース水道・ガス継手部品液体クロマトグラフィーカラム土木・建設用資材

特殊ボルト、ナット並びに継手部品の設計、製造、販売の巴製作所

HOME > 水道・ガス継手部品 > ステンレス焼付き防止(TOMコート)

水道・ガス継手部品

ステンレス焼付き防止(TOMコート)

特長

  • 乾式タイプで6回以上の締付けにも耐えるのは事実上TOMコートのみです。
    (日本水道協会 JWWA G 114 基準合格)
  • 完全ドライなので従来の湿式のようなベタつきがなく、作業性に優れています。
  • 上水道の中でも使える環境に優しいコーティングです。
    (日本水道協会 JWWA Z 108 浸出試験 合格)
  • 常時、高熱の環境や屋外での曝露環境でも長期間使えます。

TOMコートの秘密

  • ステンレスボルト・ナットの焼付きを全く新しい発想で防いでくれるTOMコートは、 その被膜構造に秘密があります。
  • これまで、実用的に不可能だった特殊セラミックスと特殊金属の複合被膜を実現。この複合層が焼付きを効果的に抑えるように作用し、しかも他に類をみない耐久性・耐熱性をも獲得しました。
  • まさに未来のボルト・ナットを支える技術が、TOMコートには隠されているのです。

ナノテクノロジーの成果

  • 当社では、非常に困難とされていた金属超微粒子量産技術を独自の研究開発で確立することに成功。(特許取得)
  • 当社独自のナノテクノロジーが、従来では考えられなかったボルト・ナットの未来を開いた瞬間です。

トルク一軸力試験結果

表1:トルク-軸力試験結果   (単位:kN)

焼付
1回目
焼付
2、3回目
焼付
4~6回目
(1)TOMコート(乾式) 45 42 41
(2)トモエコート(湿式) 48 47 47
(3)二硫化モリブデン(湿式) 38 36 焼き付き
(4)フッ素樹脂被膜(乾式) 41 22 焼き付き
(5)化成被膜(乾式) 45 26 焼き付き
(6)窒化処理(乾式) 26 焼き付き 焼き付き
(7)ナットに異材質(SUS403)を使用(乾式) 18 焼き付き 焼き付き

(試験方法は日本水道協会の規格に則り、JWWA G 114を基に、締付けトルクは190N・mのトルクでナットを締め付けています。)

試験結果
  • 表1から、従来の乾式の焼付き防止処理品((4)~(7))では1回目、もしくは2回目で、軸力が基準値を下回り、2回目以降で焼き付きが発生しているのに対し、(1)のTOMコートは6回目まで基準値をクリアしています。

  • 現場作業時の「汚れ」を想定した条件下での試験結果は、軸力は基準値の80%程度に低下するが、6回目まで焼付けを起こさず締付けできることが確認されました。

  • 乾式のメリットとして、ボルト・ナットへの砂等の付着から解放されること、衣類への油の付着から解放されることも大いに評価でき、接合作業の能率も向上すると考えられます。乾式の性能を総合的に評価していただいた結果、現在多くの水道局殿でTOMコートを採用していただいています。
総合性能評価

表2:総合性能評価

焼付 防止性能 耐候性 耐食性
締付け回数
6回
300時間
耐候性試験
120時間塩水
噴霧試験
120時間3%
食塩水浸漬試験
(1)TOMコート(乾式)
(2)トモエコート(湿式)
(3)二硫化モリブデン(湿式)
(4)フッ素樹脂被膜(乾式)
(5)化成被膜(乾式)
(6)窒化処理(乾式)
(7)ナットに異材質(SUS403)を使用(乾式)

(試験方法 日本水道協会 JWWA G 114)

◎:全く影響なし
○:ほとんど影響は認められない
△:何らかの影響が認められる
▲:明らかに悪影響がある

▲ページトップへ戻る

Copyright(c)2007 Tomoe Works Co.,Ltd. All Rights Reserved.