株式会社巴製作所
会社概要品質・環境方針お問合せHOME
空きスペース水道・ガス継手部品液体クロマトグラフィーカラム土木・建設用資材

特殊ボルト、ナット並びに継手部品の設計、製造、販売の巴製作所

HOME > 土木・建設用資材 > 鋼製排水溝「サビナガッター」

土木・建設用資材

鋼製排水溝「サビナガッター」

カタログPDFダウンロード



特色


 二相ステンレス(SUS821L1)を使用する事により、素材自体が錆に強く、これまでの様にメッキや塗装に頼る事のない耐食性を実現しました。
 また軽量化を可能にして傷などの補修を必要としない事から、施工性及びメンテナンス性にも優れています。
 特に下記の区間においては、そのメリットを発揮致します。

 ・塩害や凍結防止剤による腐食が懸念される区間
 ・片側1車線の道路でメンテナンスの際に通行止めが必要な区間
 ・排水溝内に砂等のつまりが多い区間(透水ゴムチップ仕様)

 鋼製排水溝はフロリダタイプやブロックタイプ等の基本形状を基に、地覆又は縁石の形状に合わせ、オーダーメイドで製作致しますので、ほとんどの橋梁・高架橋等に対応可能です。

NETIS登録番号:KT-160053-A

鋼製排水溝「サビナガッター」写真

タイプ一覧


ブロックタイプ
鋼製排水溝「サビナガッター」ブロックタイプ写真
フロリダタイプ
鋼製排水溝「サビナガッター」フロリダタイプ写真
フラットタイプ
鋼製排水溝「サビナガッター」フラットタイプ写真

※寸法は地覆や縁石形状及び流量計算による必要断面に応じて変化致します。


ステンレス鋼製排水溝のメリット


工期短縮

 平成27年9月にJIS規格化された高強度のリーン二相系(SUS821L1)を使用する事により減肉化が可能であり、重量を軽減できる為、現地での施工性が向上するので工期短縮につながります。

鋼製排水溝「サビナガッター」強度比較/重量比較 グラフ

メンテナンス性

普通環境下では腐食しないので、耐用年数は従来の表面処理されたものと比較して更に高寿命が見込まれます。
材料自体に耐食性がある為、設置時や設置後に傷が付いても補修が不要で、メンテナンス性も優れております。


鋼製排水溝「サビナガッター」のメンテナンス性

ステンレス鋼とは


・鉄にクロムを添加すると段々と錆びにくくなっていきます。10.5%以上のクロムを添加し非常に錆びにくくなったものをステンレス鋼といいます。
・鉄にクロムを添加すると、クロムと酸素が結合して鋼の表面に薄い保護皮膜(不動態皮膜)を生成します。
 この不動態皮膜が錆の進行を防ぎます。


鹿児島港中央橋梁の採用実績


 水溶性成分が酸性(pH4.3~6.1)である桜島の火山灰が降り注ぐ環境であり、その酸性の雨水による腐食を防ぐ為にステンレス鋼製排水溝(SUS304)が適用され製作しました。
 現地設置後数年が経過した現在でも発錆は無く、排水性能を保持しております。

鹿児島港中央橋梁で採用 鋼製排水溝「サビナガッター」写真

二相ステンレスとは


 SUS329J4Lに代表される鋼種となり、8%NiではCrを約22%以上に高めると、950~1100℃急冷の固溶化熱処理状態において二相組織を常温での安定組織とし、高耐食、高耐力を有します。
 耐応力腐食割れ性を有し、且つ応力腐食割れの引き金となります孔食への耐性がある鋼種です。
 高価なイメージがありますが、JIS規格品以外のリーン二相系ステンレス鋼も国内で開発されており、腐食環境によってはコストを抑えた設計も可能です。

(参考文献:JIS使い方シリーズ ステンレス鋼の選び方・使い方
 改訂版:2010 日本規格協会)

鋼製排水溝「サビナガッター」SUS329J4L 固溶化熱処理組織

ステンレス以外の製品について


 ステンレス以外の従来型鋼製排水溝においても、鉄をベースに日鉄住金防蝕株式会社の開発したポリエチレンベースの新しい粉体塗料「NTAC-3G」を施す事により、オールラウンドの対応が可能である。
 「NTAC-3G」とは素材との高い密着性と高耐久性を誇る新しい塗料。
 また、オプションとして雨水吸水孔にポリウレタン樹脂とハイブリット骨材(ゴム+微小骨材)による透水ゴムチップを設け、排水溝内部へのゴミの浸入を防止する事が可能な構造とし、アスファルト舗装の現場透水量と同等以上の透水性を確保する事が可能である。
 これにより排水溝内の清掃作業を軽減し、害虫の産卵や草木の種子の流入を防止する事で衛生的に性能を保つことができます。


鋼製排水溝「サビナガッター」高耐食型二重防蝕/クリーニングレス

カタログPDFダウンロード



Copyright(c)2007 Tomoe Works Co.,Ltd. All Rights Reserved.