株式会社巴製作所
会社概要品質・環境方針お問合せHOME
空きスペース水道・ガス継手部品液体クロマトグラフィーカラム土木・建設用資材

特殊ボルト、ナット並びに継手部品の設計、製造、販売の巴製作所

液体クロマトグラフィー(HPLC)カラム

Sunrise C18 / C18-SAC

Sunrise C18
  • フルエンドキャッピングタイプの"1st Choice" カラムです。
  • シラノール活性コントロール後エンドキャッピング処理しています。
  • 塩基性物質の吸着を極限まで低減します。
  • 金属配位性化合物も良好なピーク形状で溶出します。
  • 一般的な逆相分離に幅広く使用可能です。
Sunrise C18-SAC
  • 有効なシラノールを残存させた"2nd Choice" カラムです。
  • 吸着活性の高いシラノールを極限まで抑制しています。
  • イオン交換性、水素結合性が加味された新規な分離機構です。
  • 塩基性化合物、極性化合物の分離に有効です。
  • 移動相を変更することなく選択性の改善が可能です。

シラノール基の化学が創出する新規な分離: Sunrise C18とC18-SACとの比較

一般に,C18 (ODS) 等の化学結合型シリカ系固定相中に 残存するシラノールは不完全水和をしているため、吸着や ピークテーリングの原因となります。
ChromaNikでは、この吸着活性の高いシラノールを極力 低減させる技術を開発しました。その結果、高密度エンドキャッピングが可能となり、塩基性化合物のピーク形状を 大幅に改善させることができました。一方で、固定相中に 水和性の高いシラノールを意識的に残存させたことにより、水素結合やイオン交換相互作用が加味された今までにない逆相分離モードを創出することができました。
Sunrise seriesは、極性化合物、塩基性化合物、金属配位性化合物等、吸着やピーク形状が問題となる化合物の分離に威力を発揮します。


ピリジンの溶出順序とピーク形状の比較

Sunrise series Analytical Columns

内径
[mm]
長さ
[mm]
Sunrise
C18-5µm
Sunrise
C18-3µm
Sunrise
C18-SAC-5µm
Sunrise
C18-SAC-3µm
2.0 50 SB3241 SB2241 SA3241 SA2241
75 SB2251 SA2251
100 SB3261 SB2261 SA3261 SA2261
150 SB3271 SB2271 SA3271 SA2271
4.6 50 SB3441 SB2441 SA3441 SA2441
75 SB2451 SA2451
100 SB3461 SB2461 SA3461 SA2461
150 SB3471 SB2471 SA3471 SA2471
250 SB3481 SA3481

▲ページトップへ戻る

Copyright(c)2007 Tomoe Works Co.,Ltd. All Rights Reserved.