株式会社巴製作所
会社概要品質・環境方針お問合せHOME
空きスペース水道・ガス継手部品液体クロマトグラフィーカラム土木・建設用資材

特殊ボルト、ナット並びに継手部品の設計、製造、販売の巴製作所

液体クロマトグラフィー(HPLC)カラム

Sunrise C18 / C18-SAC

Sunrise C18
  • フルエンドキャッピングタイプの"1st Choice" カラムです。
  • シラノール活性コントロール後エンドキャッピング処理しています。
  • 塩基性物質の吸着を極限まで低減します。
  • 金属配位性化合物も良好なピーク形状で溶出します。
  • 一般的な逆相分離に幅広く使用可能です。
Sunrise C18-SAC
  • 有効なシラノールを残存させた"2nd Choice" カラムです。
  • 吸着活性の高いシラノールを極限まで抑制しています。
  • イオン交換性、水素結合性が加味された新規な分離機構です。
  • 塩基性化合物、極性化合物の分離に有効です。
  • 移動相を変更することなく選択性の改善が可能です。

シラノール基の化学が創出する新規な分離: Sunrise C18とC18-SACとの比較

一般に,C18 (ODS) 等の化学結合型シリカ系固定相中に 残存するシラノールは不完全水和をしているため、吸着や ピークテーリングの原因となります。
ChromaNikでは、この吸着活性の高いシラノールを極力 低減させる技術を開発しました。その結果、高密度エンドキャッピングが可能となり、塩基性化合物のピーク形状を 大幅に改善させることができました。一方で、固定相中に 水和性の高いシラノールを意識的に残存させたことにより、水素結合やイオン交換相互作用が加味された今までにない逆相分離モードを創出することができました。
Sunrise seriesは、極性化合物、塩基性化合物、金属配位性化合物等、吸着やピーク形状が問題となる化合物の分離に威力を発揮します。


ピリジンの溶出順序とピーク形状の比較

Sunrise series Analytical Columns

内径
[mm]
長さ
[mm]
Sunrise
C18-5µm
Sunrise
C18-3µm
Sunrise
C18-SAC-5µm
Sunrise
C18-SAC-3µm
2.0 50 SB3241 SB2241 SA3241 SA2241
75 SB2251 SA2251
100 SB3261 SB2261 SA3261 SA2261
150 SB3271 SB2271 SA3271 SA2271
4.6 50 SB3441 SB2441 SA3441 SA2441
75 SB2451 SA2451
100 SB3461 SB2461 SA3461 SA2461
150 SB3471 SB2471 SA3471 SA2471
250 SB3481 SA3481

ChromaNik POST-X2 C18

 
  • 有機シリケートグラフト型C18カラムです。
  • 究極の耐久性・超寿命を実現しました。
  • 高速・高分離に適した高耐熱性のカラムです。
  • 多彩な測定対象に適応可能な溶媒拡張性があります。
  • 耐酸/耐アルカリ性も向上しています。
  • 測定対象に最適な分離条件が可能で、高分離分析が達成可能です。

優れた耐久性:長期通液試験の結果

分析条件の変更による分離の改善効果の比較

溶媒変更による選択性の改善

POST-X2 C18 Analytical Columns

長さ[mm] 2.0 mm i.d. column 型番 4.6 mm i.d. column 型番
50 PA3241 PA3441
100 PA3261 PA3441
150 PA3271 PA3471
250 PA3481

ZIC-HILIC

親水性相互作用クロマトグラフィー用親水性固定相
  • HILICモードに最適な高保水性固定相です。
  • カオトロピック理論に基づく独自の両性イオン型官能基を化学結合しています。
  • 逆相固定相とは逆の選択性です。
  • 有機酸,炭水化物、ペプチド等水溶性の高い化合物の分離分析に最適です。
  • 静電的相互作用が小さく、低塩濃度移動相での分離が可能です。
  • LC/MSの移動相にも対応します。
型番 カラム名 カラムサイズ
【length×I.D.】
粒子径
[µm]
細孔径
[nm]
2702-102 ZIC®-HILIC, PEEK Column 100×2.1mm 3.5 20
2702-152 ZIC®-HILIC, PEEK Column 150×2.1mm 3.5 20
2702-155 ZIC®-HILIC, PEEK Column 150×4.6mm 3.5 20
2712-102 ZIC®-HILIC, PEEK Column 100×2.1mm 5 20
2712-152 ZIC®-HILIC, PEEK Column 150×2.1mm 5 20
2712-105 ZIC®-HILIC, PEEK Column 100×4.6mm 5 20
2712-155 ZIC®-HILIC, PEEK Column 150×4.6mm 5 20
2712-255 ZIC®-HILIC, PEEK Column 250×4.6mm 5 20
2812-102 ZIC®-pHILIC, PEEK Column 100×2.1mm 5 -
2812-152 ZIC®-pHILIC, PEEK Column 150×2.1mm 5 -
2812-105 ZIC®-pHILIC, PEEK Column 100×4.6mm 5 -
2812-155 ZIC®-pHILIC, PEEK Column 150×4.6mm 5 -

HILICモードのメリット:逆相モードとは異なる選択性

逆相固定相では保持が小さく、t0(ボイドボリューム) 近くに溶出する成分の分離や、移動相中の水や緩衝液の量が多くなることで顕著になる濡れ性(Wettability) の問題が発生する場合にZIC®-HILIC固定相は最適です。
一般に、t0の指標として用いられ、逆相モードでは保持されないウラシルのような高極性化合物ほど、ZIC®-HILIC固定相で保持されます(下図)。さらに、ZICR-HILIC固定相は、本質的に逆相固定相と異なる選択性を示し、多くの場合、逆相固定相の溶出順序とは逆転します。
ZIC®-HILIC固定相は、有機酸、アミド、ペプチド、炭水化物、タンパク質の消化物等、様々な極性/親水性化合物の分離に有効です。



▲ページトップへ戻る

Copyright(c)2007 Tomoe Works Co.,Ltd. All Rights Reserved.